Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

『サウンド・オブ・ミュージック』

先日20年ぶりくらいで『サウンド・オブ・ミュージック』を見ました。

 

その20年の間、『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台であるオーストリアザルツブルクに行く機会がありました。

留学中に住んでいたバイエルン州から、バイエルンチケットという安いチケットでぎりぎり行ける外国、ということでたまたま行っただけなんですけどね。

しかも、天気は悪いし、寒いし、足をひねってその後1週間苦しむことになる、とあまり楽しい思い出とは言えず(汗)

あとになって、雨が降る中見たあれは、映画の中のあの場所だったのか、と気づきました。

今度は天気の良い日に行ってみたいなぁなんて思っていたら、たまたまNHKの『旅するドイツ語』でザルツブルクを訪れていました。

そして番組によると、ザルツブルクは結構雨が降るらしいです。

www2.nhk.or.jp

 

それにしても、『サウンド・オブ・ミュージック』を見ていると、当時のドイツの印象ひどいですね(汗)

あと、舞台はザルツブルクですが、ドイツ語の勉強にはならないですね(笑)

聞き取りやすい英語なので、英語の勉強にはいいかもしれません。

美しい風景と歌を楽しむにはちょうどいい映画ですね。

『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』

先月買ったこちらの本、やっと読みました。

 

ドイツ人が教えてくれた ストレスを溜めない生き方

ドイツ人が教えてくれた ストレスを溜めない生き方

 

  

図書館で借りた本だとすぐに読むのですが、購入してしまうとついつい後回しになってしまいます(汗)

しかも、新品なので、あんまり持ち歩きたくなくて、電車の中を読書時間としている私はなかなか読む機会に恵まれまずにいました。

この3連休に、ようやくゆっくり読むことができました。

 

ドイツ留学するまでベルリンには全く興味がなかった私ですが、久保田由希さんと小川糸さんとベルリン在住の友人の影響で、今はドイツの中ではベルリンが一番好きです。

 

女性に人気のヨーロッパの街、というとパリやロンドンのほうが有名ですが、久保田由希さんの本を読むと、ベルリンももっと人気が出てもいいのになーなんて思います。

 

歩いてまわる小さなベルリン

歩いてまわる小さなベルリン

 

 

ヨーロッパの友人の間では、ベルリンも結構人気なんですけどね。

日本からの直行便がないのは大きいですね。

 

全然本の中身の紹介をしてませんが、ドイツに興味がある人、ベルリンに興味がある人、ライフスタイル本好きな人は読んでもいいかもしれません。

 

今月読んだ本と『ブリティッシュベイクオフ』新シリーズ

またまたお久しぶりとなっていました。

今年は、とりあえず読んだ本の紹介をするというのではなく、個人的に気に入った本を紹介するという形を取ろうかと思っているのですが、そうなると紹介する本が全然ありませんでした(汗)

今日までに10冊半読んでいて、そのうち半分が去年読んだ本の再読。

タイトルだけ記録をつけているので、その中から気になって久しぶりに読んでみても、思っていたほど面白くなかった、というパターンばかりです。

だからこそ、タイトル以外の内容は忘れていたというわけですが。

要するに、何かしらの影響は受けたかもしれないけれど、結局引っ掛かるところのなかった本ということなんです。

あまりものを所有したくない私が手元に置いておきたくなる本、今月は出会えるのでしょうか…

 

そして話は変わりまして。

明日からまた、私がお気に入りのシリーズ『ブリティッシュベイクオフ』が始まります。

dlife.disney.co.jp

お菓子は全く作りませんが、イギリスを感じられるこのシリーズ、大好きです。

イギリスまた行きたいなー

先日イギリス人の友人に1年ぶりに会い、またまたイギリス熱を高めてきました。

クロテッドクリームをそえたスコーンが食べたい...

 

初詣と『北欧フィンランド 食べて♪旅して♪お洒落して♪』

今日は初詣に行ってきました。

去年は結局1月には行かなかったので、今回私にしては早いです。

まだ5日なのに、思っていたほど混んでいなくてびっくり。

やっぱり最初の3日に集中しているんでしょうか?

今年もおみくじを引き、結果は吉!

去年は大吉だった気がするので、今回はこれくらいがいいな、と思っていたところの結果だったのでうれしいです。

書いてあったことも、私の今年の動きにぴったりでした。

ちょっと健康面だけが心配な結果でしたが、最終的にはよくなる、という結果だったので。

いいことを前向きにとらえて今年も楽しく過ごしていきたいです。

 

さて、そんな寒い日のお出かけ前に、こんな本を読みました。

 

北欧フィンランド 食べて♪旅して♪お洒落して♪

北欧フィンランド 食べて♪旅して♪お洒落して♪

 

前にも読んだことがあるのですが、てらいまきさんの京都の本を12月に読んで、この本もまた読んでみたい、と思ったタイミングで図書館で発見。

フィンランド、実はまだ2回しか行ったことがないのですが、フィンランド関連の本、雑誌、番組等を見まくっているせいか、すでに何度も行っている気になってます(笑)

ちょうど出かける前に読んでいたのが、北極圏付近にあるロヴァニエミで犬ぞり体験や真冬の動物園の話。

そこに比べたら、千葉の1月の寒さなんてたいしたことない!なんて明るい気持ちで出かけることができました(笑)

『THE LITTLE HOUSE』

 

The Little House

The Little House

 

今年になって今のところ3冊本を読んでいますが、その中でここに紹介したいと思う本はこれだけです。

去年日本語版も読みました。

 

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

 

 絵も好み、ストーリーもお気に入り、いつかかならず所有する予定の1冊です。

この本との出会いについては、去年のブログでも書いた気がしますが、石井桃子さんの本。

去年は石井桃子さん経由で多くの本に出会いました。

再会もあったかもしれません。

石井桃子さんが関わっている本なら間違いない、と思って読むことも多かったです。

もちろんそうやって翻訳されたものを楽しむのもいいのですが、原書で読むのも英語の勉強にもなるし、翻訳されたものとの違いを発見できるのも楽しいので、今後もいろいろ挑戦していきたいです。

 

2019年本との付き合い

2018年は、全部で260冊本を読みました。

最初は純粋に小説・児童文学・実用書しかカウントしていなかったのですが、最後数ヶ月はコミックエッセイも数に入れるようになりました。

読んだ本はタイトルだけ書き残しています。

その中には、名前を見てもどんな本だったか覚えてない本もあれば、2月に読んだのをすっかり忘れて10月に再び読んでいる本もあったり。

 

北欧の旅―カレル・チャペック旅行記コレクション (ちくま文庫)

北欧の旅―カレル・チャペック旅行記コレクション (ちくま文庫)

 

北欧がタイトルにつく本は読みすぎて、このシンプルなタイトルはどんな本だったのかすっかり忘れてました(汗)

 

ミニマルに暮らす with 無印良品

ミニマルに暮らす with 無印良品

 

この本は今年3回目に挑戦する予定ですが、購入予定は今のところないです(汗)

 

他にも、同じようなタイトルの本もよく読んでました。

いろいろ読んで気がついたこと。

私はどうやら実用書と児童文学が好きなようです。

なので、これからもこのブログでは気に入った実用書と児童文学の紹介が多いのではないかと思います。

 

今年は200冊くらいをゆっくり読めればいいかな、と思っています。

今までは往復1時間以上の通勤電車の中が読書時間でしたが、引っ越したらおそらく電車内で過ごす時間は短くなりそうなので、読書時間も今ほど取れなさそうです。

でも、その分、本当に読みたい本を選んで読めそうです。

今年も読書生活を楽しみます。

2018年最初の記事で振り返る

2018年も今日で最後となりました。

というわけで、2018年最初の記事を読み返してみたのですが。

 

gruenehexe.hatenablog.com

 

そういえば、2017年はかなり梨木香歩さんの本に夢中になっていた気がするのですが、ここのところそうでもないです。

あぁでも、最近また『西の魔女が死んだ』が読みたいかもしれません。

 

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

 

そういえば、この作品の映画版を見たのは今年でした。

本の購入はまだ迷っています。

今手元にある梨木さんの本は、年に一二度読み返しますが、そうでもなかったら購入する必要があるのかなぁと。たとえ安くても。

でも、よい本だとは思っています。

ただ、ちょっとした部分で(おばあさんが喫煙者だとか)気になって購入を躊躇してます。

そんなこといったら、トーベヤンソンさんだって喫煙者だったんですけどね。たしか。

 

さて、2018年ももうすぐ終わりです。

仕事にも慣れ、その分責任を持たなければいけない部分が増え、充実して大変な1年でした。

私生活では、まさかの夏の旅行直前キャンセルというトラブルにあいはしましたが、国内旅行3回、海外旅行1回、読書も年間で200冊以上楽しむことができました。

ブログは後半、全然書けずにいましたが、そんな中私のブログを見に来てくださった方々、本当にありがとうございました。

来年も更新はのんびりかと思いますが、よろしくお願いします。