Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

『やかましむらのこどもの日』

やかましむらシリーズは3作だけだと思っていたのですが、絵本コーナーにこの本がありました。 シリーズ3作内からの抜粋かと思ったのですが、また別の話でした。 あと、オッレの妹の名前が違っていました。 おそらくこっちのほうが正しい発音なんだと思います…

『オンネリとアンネリのおうち』の原作

今月は何を買おうか悩みに悩んで、もう来月への積み立てにしようかな、と思い始めた矢先に出会ったのがこの本でした。 オンネリとアンネリのおうち (世界傑作童話シリーズ) 作者: マリヤッタ・クレンニエミ,マイヤ・カルマ,渡部翠 出版社/メーカー: 福音館書…

季節の変わり目って

今週後半からどっと疲れが出ていたのですが、今朝はなぜか5時前に目が覚めてしまい、その後眠れませんでした。 そのまま本を読んでいたのですが、疲れているからか、平日と同じ時間になぜかアラームをセットしていました(汗) 昨日から喉も痛いし、鼻水も… …

週末がやってきました

昨日は、4ヶ月ぶりでブログを更新しない一日となりました。 4ヶ月毎日続けてきたことなので、何かしら書こう、と一応は書き始めたのですが、書いていくうちに、わざわざ書くほどのことなのかな、と思い悩むうちに、やっぱり書かないことにしたのでした。 私…

映画『オンネリとアンネリのおうち』

フィンランドからやってきたかわいい映画が公開中だったので、3、4年ぶりに映画館まで行ってきました。 www.onnelianneli.com もうとにかく、かわいいの一言に尽きます! 私自身はここまでガーリーなものは好まないのですが、最近姪っ子が生まれたこともあり…

『魔女の宅急便』

先週あさイチで角野栄子さんのインタビューを見たこともあり、久しぶりに図書館で『魔女の宅急便』を借りて読んでみました。 gruenehexe.hatenablog.com かわいい魔女に憧れるきっかけとなった本です。 かなり久しぶりに読みましたが(10年以上ぶり)、あの…

下見って大切ですね

先日こんな記事を書きましたが。 gruenehexe.hatenablog.com あの時ときめいたと思っていた本を、実際に手に取ってみましたが、そしてその瞬間はとても幸せだったのですが、読み進めていくうちに、あ、そうでもなかったかもしれない、と思うようになっていき…

はらぺこあおむしはかわいいけれど

英語絵本として大人気のはらぺこあおむし。 私もよく読みます。 でも、まさか自分のベランダガーデンで彼らを見ることになるとは思っていませんでした… 最近触れていなかったベランダガーデンですが。 今月初めの暑さにより、カモミールはほぼ壊滅状態... ひ…

『児童文学の境界へ』

梨木香歩さんで検索したら出てきたのが、この本でした。 梨木香歩さんがどんな人なのかが少しわかりました。 もともとは主婦だったそうです。 主婦といっても、あの世代の女性で4年制大学を卒業しているということは、育った環境が私もしくは梨木さんよりは…

あさイチで角野栄子さん

博多華丸大吉さんが司会をするようになってから初めて、たまたまあさイチを見たところ、なんと今日のゲストは角野栄子さんでした! 角野栄子さんといえば、『魔女の宅急便』の原作者。 魔女の宅急便といえば、私が一番好きなジブリアニメです。 もちろん原作…

ときめいてしまうなら

最近読んだわけではないのですが、ふとこの本の中の言葉を思い出しました。 人生がときめく片づけの魔法 作者: 近藤麻理恵 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2010/12/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 36人 クリック: 372回 この商品を含…

よかったところにも目を向けてみよう(昨日の続き)

昨日紹介したこの本、よいことを何も書いていませんでした。 マザコン息子と息子に依存しすぎる母親の物語、なんて書いてしまいましたが、良い部分ももちろんあるんですよ。 たとえば、前作で出会ったベルリンの子どもたち。 私のお気に入りは教授です。 今…

『エーミールと三人のふたご』

ケストナーの本を、また読みましたよ。 『エーミールと探偵たち』の続編です。 『エーミールと探偵たち』がよかったので、こちらも期待したのですが、残念ながらこの本を読んだ後、ドイツ語を勉強しているからって、必ずしもドイツにお気に入りの作家を持つ…

『わたしはマララ』

ずっと気になっていた本をやっと読みました。 本当は英語版を購入して読もうと思っていたのですが、日本語版を選んで正解でした。 英語版は難しい言葉、知らない言葉が多すぎて、永遠に読み終わらないかもしれません(汗) でも、読んでよかったです。 梨木…

『ちいさいおうち』

先月読んだ本だったのですが、ここに載せるのを忘れていたようです。 ヨーロッパが好きだから、とアメリカの作家さんの本は避けていたのですが、そういう国の好き嫌いに関係なく、いい作品はいいんですよね。 この本の作家さんを訪ねた話が、石井桃子さんの…

ドイツ語でLINE通話をしてみた

久しぶりにドイツ人の友だちとLINEで通話をしました。 最近LINEのメッセージを、相手は日本語、私はドイツ語で通しています。 そんな流れで今回の通話が、相手は日本語を話し、私はドイツ語で応える、となるかと思いきや、そんなことはなくて、寝起きの相手…

『女一匹冬のシベリア鉄道の旅』

一度本棚に戻したのですが、絵はかわいいし、どうしても気になったので借りてみました。 コミックエッセイです。 かの有名なロシアのシベリア鉄道を女性が1人で旅した時の話です。 この本の前に、もっと暖かい季節に旅した時の本も出されているようです。 残…

日々忘れていくドイツ語を思い出すために

ドイツ人の友だちが1人います。 今度のドイツ旅行でもお世話になります。 そんな友だちとの連絡方法はLINEです。 line.me 以前はお互いがお互いの言語をたいして話せない、書けない状態だったのが、気がつけば私のドイツ語が上達してドイツ語メインで交流す…

ドイツに持って行って、持って帰ってきた本

ドイツに持って行ったけれど、そのまま処分して持って帰って来なかった本もあれば、昨日紹介した本のように、持ち帰った本もいくつかあって、今日紹介する本も数少ない持ち帰ってきた本のうちの1冊です。 CD2枚付 耳が喜ぶドイツ語 リスニング体得トレーニン…

3年間愛用するドイツ語テキスト

3年前、留学先をドイツにしようと決めて買ったのがこの本でした。 CD BOOK しっかり身につくドイツ語トレーニングブック (CD BOOK―Basic Language Learning Series) 作者: 森泉 出版社/メーカー: ベレ出版 発売日: 2006/04/01 メディア: 単行本 購入: 3人 ク…

ドイツ語、まずはここから

先日何気なく読んだYahooの記事で、ある女性が韓国語を独学する際、できるだけお金をかけないために、NHKラジオを利用したということが書かれていました。 かかったのは、月々数百円のテキスト代だけで、そこから語学試験の最高級合格に至ったとか。 韓国語…

100日連続更新達成!とこれからのブログ

2月末のある日から、毎日必ずブログを更新するよう心がけ、今日でついに100日連続更新を達成しました。 この後の100日にはドイツ旅行が入っていて、ドイツ旅行中にブログを更新する予定はないため、200日連続更新にはできません。 でも、この調子でブログの…

『世界の果てのこどもたち』

ヨーロッパ、北欧の本ばかり読んでいましたが、全く違う系統の本も読んでみました。 この本、1年以上前から気になっていたのですが、どうにも私が最近好む本と系統が違い過ぎるため、なかなか読めずにいました。 同系統?時代背景が同じ本としては、去年の秋…

『北欧が好き!』

先日紹介した『かわいい北欧』に続き、図書館でたまたま再会したので、こちらも読んでみました。 gruenehexe.hatenablog.com 『かわいい北欧』が、北欧と言いつつ紹介されているのはフィンランドとスウェーデンだけでしたが、こちらはデンマークとノルウェー…

『ちいさいロッタちゃん』

ロッタちゃんシリーズを続けてまた読みました。 gruenehexe.hatenablog.com こっちは主人公がロッタちゃんのお姉ちゃんなんですね。 映画版で見たエピソードが、こちらには書かれていました。 ロッタちゃんシリーズは1冊がとても短いので、それだけでは1つの…

『魔女の12ヵ月』

子どもの頃、お姫様ではなく、魔女に憧れていました。 魔女といえばドイツ、とおそらくグリム童話の影響で思っていて、そんなところから子どもの頃からドイツに興味があったのでした。 でも、実際にはどんなふうに魔女になったらいいのかなんてわからないの…

『やかまし村はいつもにぎやか』

やかまし村シリーズ3部作、ちょっと間が空いてしまいましたが、3作目を読みました。 gruenehexe.hatenablog.com gruenehexe.hatenablog.com ちなみに間が空いてしまったのは、やかまし村シリーズは購入済みだったため、あえて優先して読まなかったためです。…

『大人に贈る子どもの文学』

児童文学論コーナーの本を読むようになった今日この頃。 この本も、そこで見つけました。 児童文学論、という形の学問ができたのは、比較的最近のことなんですね。 猪熊さんは、イギリス留学中はあのトールキンに師事していたそうです。 あのトールキン、と…

『チェコの十二ヵ月』

普段から、北欧が好き、イギリスが好き、と言っていますが(そのわりに留学したのはドイツですが汗)、二度目に行ったヨーロッパはチェコでした。 当時連絡を取っていたペンパルにチェコの人がいて、チェコの話を聞いていたら、なぜか北欧より先に行きたくな…

ドイツのお菓子

久しぶりに?お菓子の本を借りてみました。 お菓子の本を借りたかったのではなく、ドイツとつく本が借りたかったのかもしれません(笑) 簡単に作れる、と書いてあったので、お菓子作りの初心者、試しに作ってみました。 そしてお菓子作りの初心者、材料をそ…