Lernen Lesen Reisen

英語学習とドイツ語学習と読書と旅の記録

福井・愛知ひとり旅②

福井駅から名古屋駅へ移動するには、バスが安くて便利です。 私も当初、バスで移動しようかと思っていましたが、小松空港から福井駅への1時間のバスで酔った私が、福井から名古屋への3時間のバスに耐えられるわけがないと思い、仕方なく特急電車で移動するこ…

福井・愛知ひとり旅①

先週のことですが、福井と愛知に行ってきました。 以前こちらの記事で触れた旅です。 gruenehexe.hatenablog.com 10月半ばから体調がよくない状態が続き、旅の前日にも病院に行ったりしていたのですが、どうにか無事終わってよかったです。 まずは初日、とい…

ケストナーと翻訳もの

久しぶりに児童文学を読みました。 飛ぶ教室 (新潮文庫) 作者: エーリヒケストナー,Erich K¨astner,池内紀 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/11/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る ケストナーの作品は、ドイツに行くことを考える前…

Amazon.ukを利用してみた

いつのまにやら11月です。 ブログを書きたいとは思っているのですが、先月中旬に体調を崩し(いまだに本調子じゃない)、11月は仕事が忙しく?なりそうで、結局12月まで落ち着くことはなさそうです。 落ち着くといいな、という希望ですけどね。 とりあえず先…

今月購入した雑誌

今月はだいぶ本にお金を使っている気がします。 本にたくさんお金を使ってしまったという罪悪感ばかり感じてしまうのは、そのうちのほとんどを買わなくよかったと後悔しているから。 来月は旅行にも行くので、本はさらによく吟味して購入していこうかと思い…

多和田葉子さん

ドイツに関する気になる本ということで、以前3冊ここで紹介しました。 gruenehexe.hatenablog.com その後、全3冊中身を見る機会を持つことができました。 そして結論。 どれも買わないことにしました。 写真を見ているとわくわくして来るけれど、それは時々…

フルーツジュース

そういえばドイツでは、フルーツジュースの種類が豊富でした。 なんて思ったのに、写真は全然撮ってませんでした… 写真に残しておこうという気持ちはあったんですけど、すぐ飲んでしまうんですよね。 これは、ドイツを去る数日前に撮ったらしき、おそらく唯…

風邪予防にお茶を

突然寒くなり、体調を崩してしまいました。 かなり久しぶりに(健康診断以外で)病院へ行きました。 ただの風邪でしたが、今後さらに寒くなって体調をまた崩すこともありえるので、もうちょっと健康管理をしっかりすることにしました。 というわけで、久しぶ…

ネットでの本の購入

今月になって、ネットで2冊新しい本を購入しました。 そのうち1冊はすでに処分済み(汗) 仕事関係の本で、職場にない本を買ったのですが、職場にあったものと比べると使えなさそうな感じだったので、一通り見て処分することに決めました。 もし本屋さんにあ…

独検対策

独検合格4週間neu(ノイ)3級 作者: 在間進,亀ケ谷昌秀 出版社/メーカー: 第三書房 発売日: 2015/03/31 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 独検に申し込んだときに一緒に購入した問題集が届きました。 3級はそこまで難しくないと…

意外にたくさんあったドイツがタイトルに入った本

以前、ドイツがタイトルに入った本は、フランスがタイトルに入った本に比べて少ない、なんて嘆いた記事を書きました。 gruenehexe.hatenablog.com でも、案外気になるドイツ関係の本が多かったことに気が付いてしまいました。 たとえばこれは、帰国直後から…

独検に申し込みました

ドイツから帰国してもうすぐ半年。 このままではドイツ語を忘れていく一方です。 そして、頑張っている周りに影響されて、私も何かに挑戦したい!と思ったため、ドイツ語検定を受けてみることにしたのでした。 dokken.or.jp 日本で受けられるドイツ語の試験…

『アンのゆりかご』

アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫) 作者: 村岡恵理 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2011/08/28 メディア: 文庫 クリック: 4回 この商品を含むブログ (20件) を見る 小学生の頃、赤毛のアンシリーズの大ファンでした。 都会っ子でもない、お金持ち…

『うさぎパン』

うさぎパン (幻冬舎文庫) 作者: 瀧羽麻子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/02/09 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (7件) を見る この本は、何年か前に本屋さんで見かけてから気になっていました。 タイトルもカバーデザ…

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』

僕は、そして僕たちはどう生きるか (岩波現代文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/02/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る またまた梨木香歩さんの本の紹介です。 ここ数ヶ月で読んだ本、その中でおすすめしたい…

『ビブリア古書堂の事件手帖』

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫) 作者: 三上延 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/02/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (21件) を見る 週1ペースで読んでいたビブリア古書堂シリーズ、先週やっと終…

オクトーバーフェスト

ミュンヘンでは今の時期、オクトーバーフェストが開催されています。 と、いうことをふと思い出して、ドイツビールとドイツのお菓子HARIBOを買ってみました。 オクトーバーフェストという名前だけど、10月に入ってすぐに終わってしまいます。 ミュンヘンには…

『コンビニ人間』読了後の『からくりからくさ』

順番が前後しますが、1つ前の記事で書いた『からくりからくさ』は、『コンビニ人間』を読んだ後に読みました。 コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (58件) を見る 以前アメ…

『りかさん』

梨木さんは以前イギリスに留学されていて、『裏庭』と『西の魔女が死んだ』でもイギリスとのつながりが深かったので、日本が舞台の作品というのは最初、不思議な感じがしました。 りかさん (新潮文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/…

『西の魔女が死んだ』

『雪と珊瑚と』で梨木香歩さんの作品に再会して以来、梨木香歩さんの作品を読み漁っています。 西の魔女が死んだ (新潮文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2001/08/01 メディア: 文庫 購入: 67人 クリック: 1,056回 この商品を含むブログ…

来月からのNHKドイツ語講座

ドイツから帰国後、唯一続けているドイツ語関係の習慣といえば、テレビのドイツ語講座を見ることです。 ドイツ語講座といっても、去年からはドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語に関しては、外国語講座というより、旅番組?のような形式に変わって…

『沈黙の春』

沈黙の春 (新潮文庫) 作者: レイチェルカーソン,Rachel Carson,青樹簗一 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1974/02/20 メディア: 文庫 購入: 17人 クリック: 208回 この商品を含むブログ (94件) を見る 珍しく、読んだ直後の感想です。 留学を終えて以来初め…

『エストニア紀行』

ドイツ留学中、エストニア旅行を計画していたときにAmazonで発見した本。 エストニア紀行: 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦 (新潮文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/05/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 帰国後…

ドイツがタイトルに入った本

フランスに比べると、ドイツがタイトルに入った本は少ない印象でした。 ドイツに行く前に読んだ、ドイツがタイトルに入った本というと、この方の本が多かったです。 真似したいインテリア・ライフスタイル ドイツ式 心地よい住まいのつくり方 作者: 門倉多仁…

フランスがタイトルに入った本

ドイツ留学が後半に入ったころ、クラスメイトのベルギー人とチュニジア人の話すフランス語を聞き、その音の美しさに魅せられ、なかなか伸びないドイツ語に飽きていた私は、次はフランス語に挑戦したいなぁなんて考えていました。 ドイツ留学が終わりに近づい…

『雪と珊瑚と』と梨木香歩さん

たしか5月後半頃のこと、図書館の当日返却本コーナーで発見したのがこの本。 雪と珊瑚と (角川文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/06/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 梨木香歩さんの本は、10年以…

旅の計画

ドイツから戻って4ヶ月とちょっと。 どうにか気軽な弾丸ひとり旅くらいならできそうなくらいは貯金に余裕ができたので、さっそく旅の予約をしました。 どこへ行くのかは去年から決めていたのだけど、優柔不断な私にとって、いつ行くか、どのルートで行くか、…

『ツバキ文具店』

ドイツから戻ってすぐに読んだ本です。 ドイツにいた時から、NHKのドラマを見てました。 ドラマの雰囲気がすごく好きだったので、原作を読むのが楽しみでした。 ツバキ文具店 作者: 小川糸 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/04/21 メディア: 単行本 こ…

読書のための本

ドイツから帰ってきてすぐの頃に読んだ本。 夜を乗り越える(小学館よしもと新書) 作者: 又吉直樹 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/06/01 メディア: 新書 この商品を含むブログ (14件) を見る 活字に飢えていたときに、本を読む楽しさについて書かれた…

『蜜蜂と遠雷』にたどり着くまで

ドイツ留学中に恋しかったものといえば、お風呂、和食、そして日本語の本。 日本から数冊本を持っていきましたが、それだけでは全然足りませんでした。 電子書籍に挑戦するということもできたし、実際に1冊だけ電子書籍も読んでみましたが、どうやら私には合…