Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

ちょうど1年前の今日

ブログを書くのは久しぶりになりました。

まだ落ち着いたとは言えないのですが、今日はどうしてもブログを書きたかったので、書くことにしました。

 

ちょうど1年前の今日、私はドイツへと旅立ちました。

夜の便で出発したので、1年前の今頃は、飛行機に乗り込んだばかりで、ついにこの日が来たということを実感し始めた頃だったのではないかと思います。

 

あれから1年経ち、ドイツ生活を終えてすでに4ヶ月、ドイツでのこともドイツ語も、忘れていく一方です。

この4ヶ月は日本での生活を安定させようと、もがき続けていました。

今もまだもがいてはいますが、少しずつ安定する兆しが見えてきたのではないかと思っています。

その過程で結果的に、ドイツ語の優先順位がどんどん低くなってしまいました。

生活が落ち着いたらドイツ語に力を入れよう!と思っていたのですが、目下力を入れるべきは違うこととなりそうです。

それはそれで力を入れたいことだったので、頑張っていきたいと思っています。

 

ちなみにそんな今日。

たまたま空港へ行く用事があり、1年前の今日、ここから旅立ったんだなぁと感慨深くなっていました。

私の新たな一歩は、ここから始まったんだなぁと。

 

f:id:gruenehexe:20170826225228j:plain

これはドイツに着いた次の日に撮った写真なのですが、この時の感想が、

数年前に旅したプラハに雰囲気は似ているけれど、プラハに比べると物足りない街

というものでした。

美しいドイツの街並みを表す写真を出してもよかったのですが、懐かしい写真を見ていたら、ドイツに到着したばかりの私の気持ちを表すには、これが一番合っているのではないかと思いました。