Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

フランスがタイトルに入った本

ドイツ留学が後半に入ったころ、クラスメイトのベルギー人とチュニジア人の話すフランス語を聞き、その音の美しさに魅せられ、なかなか伸びないドイツ語に飽きていた私は、次はフランス語に挑戦したいなぁなんて考えていました。

 

ドイツ留学が終わりに近づいたころには、耳が慣れてきたドイツ語のほうが魅力的に感じるようになったのですけどね。

 

留学前から思ってましたが、ドイツがタイトルに入る本に比べ、フランスがタイトルに入った本って、多いですよね。

そういえばドイツの本屋さんにも、パリジェンヌがどうの、なんてタイトルの本が人気のある本のコーナーに置かれていました。

 

留学後に読んだ、フランスがタイトルに入っている本から、タイトルをメモしたものだけ紹介します。

 

フランス人は年をとるほど美しい

フランス人は年をとるほど美しい

 

こちらは、どこかのブログで紹介されているのを見て、気になって読んでみました。

以前NHKフランス語会話に出演されていた方だそうです。

別にいいんですけど、こういう女性の生き方とか、そういう本だと、パリジェンヌを取り扱った本が多いですね。

これとかも。

 

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

 

ドイツ留学後に確か、2のほうにも挑戦したのですが、途中で飽きてしまいました。

フランス語は美しいとは思うのだけど、私はパリに全然興味がないんだな、と。

なので、パリの女性はうんぬん、と言われても、あまり響かなかったです...

 

そういう意味では、こちらのほうが興味がありました。 

フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか: 交通・商業・都市政策を読み解く

フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか: 交通・商業・都市政策を読み解く

 

ストラスブールとアンジェという、フランスの地方都市2つの取り組みが紹介されています。

アルザス地方に興味があるので、ストラスブールがどんなところなのか気になっていました。

ただ、パリについて書かれた女性向けの本に比べると、この本は読みにくかったです。

興味深いテーマなのですが、ちょっと難しかったのが残念。

 

それにしても、フランスがタイトルに入った本は多いのに、結局パリを扱った本ばかりなのはとっても残念です。

それだけパリにあこがれる方は多いんでしょうね。