Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

『エストニア紀行』

ドイツ留学中、エストニア旅行を計画していたときにAmazonで発見した本。

 

帰国後は梨木さんの本を片っ端から読んでますが、その時は、知っている作家さんが書いているエストニアの本って、どんな感じなんだろう?なんて思っただけでした。

エストニアを扱った本自体が少ないですよね。

案外隣のラトビアを扱った本は多かったりするんですけどね。

 

梨木さんの書かれる本が好きということもあるのですが、この本もよかったです。

エストニアの淡い色をした建物を思い出しました。

どことなくドイツっぽくもあるなぁなんて思っていたので、あまりよいつながりでもないですが、ドイツ風の建物だったんですね。

メインの旅先だったフィンランドから日帰りで行けるから、という理由だけで訪れたエストニアでしたが、この本を読んで、再びエストニアに行ってみたくなりました。

今度はもっと暖かい季節に。

 

f:id:gruenehexe:20170921215647j:plain

この日の気温はマイナス2桁で、とても寒かったです。

あまりに寒すぎて、iPhoneが使えなくなってしまったのが残念でした。