Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

『コンビニ人間』読了後の『からくりからくさ』

順番が前後しますが、1つ前の記事で書いた『からくりからくさ』は、『コンビニ人間』を読んだ後に読みました。

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

以前アメトーーク!で読書芸人の皆さんが大絶賛していたことと、Amazonの評価がよかったこともあり読んでみたのでした。

大絶賛されているだけあって、とても読みやすかったです。

でも。

私には消化不良というか、すっきりしない本でした。

それで、このすっきりしない気持ちをどうにかするために、『りかさん』を読んで勝手が分かっていた『からくりからくさ』を読むことにしたのでした。

 

からくりからくさ (新潮文庫)

からくりからくさ (新潮文庫)

 

からくりからくさの主人公たちは、コンビニとは縁遠い生活をしています。

すごく、自然と近い生活をしています。

いわゆる安定ではなく、自分の信じた道をまっすぐ進んでいます。

 

コンビニ人間の主人公も、コンビニという場所に自分の生きる場所を見つけたはずなのに、それはとてもいびつな生き方であるように表現されています。 

私は、あれだけコンビニを極めたなら、それはそれですごいと思うのですけど、世の中はそうはとらえないんですね。

結局いろいろ後味の悪い感じになってしまったので、私には『からくりからくさ』での浄化が必要だったのでした。

とはいえ、『からくりからくさ』もちょっと女同士のいろいろがあって、それはすっきりしなかったんですけどね。