Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

購入して半年以上過ぎて気が付いたこと

ドイツでの本の購入は、①内容が何となく面白そう、②日本でも読んだことがある、③見た目が気に入った、この3つの中のどれかで選んでいました。

 

そんな中選ばれた本たちがこちら。

f:id:gruenehexe:20171213215538j:plain

日本で帰国後に購入した本も含まれてますけど(汗)、上の3冊とMAGICと書かれている本は、ドイツで購入したものです。

すでに10日前の話ですけど、独検を受けて、ドイツ語熱の上がっている今、久しぶりにドイツで購入した本に挑戦してみようと思ったのです。

で、右上のものは雑誌なので、それ以外の3つの中のどれかかな、と。

どれも字は小さい。

MAGICと書かれている本は、近藤麻理恵さんの本で、これは久しぶりに日本語版を読んでからにしようかな、と。

残りの2冊の中では、5 Dingeと書かれているほうが気になったので(和紙で作られた折り鶴が素敵で、内容よりも見た目重視で購入)、まずは裏表紙にある解説を読んでみることに。

そしたらなんと、実はこの本を書いた人、ドイツ語圏の人ではなくて、オーストラリア人だったことが判明しました!

最初一瞬、オーストリア?と考えたけれど、ドイツ語ではオーストリアとオーストラリアの綴り、全然違います(汗)

表紙の雰囲気から、日本の何かに影響を受けたドイツ人によって書かれた本だと、勝手に勘違いしていました。

Amazonで日本語版も売られているようです。

 

死ぬ瞬間の5つの後悔

死ぬ瞬間の5つの後悔

  • 作者: ブロニーウェア,Bronnie Ware,仁木めぐみ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/12/01
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

この表紙だったら買わなかっただろうなぁ…。

もう1冊、上の写真に入ってませんけど、同じく表紙に惹かれて購入した本があります。

表紙から受けた印象から勝手に内容を想像し、購入後に小さい字で書かれたドイツ語を解読した結果、思っていた内容と違った、ということが、今回は購入後8ヶ月経って判明したのでした(汗)

日本語で書かれた本だったらもっと慎重に選ぶのに、ドイツ語だと、次はいつ購入できるかわからないということもあり、なんとなくよさそう、という理由で買ってしまったんですよね…

 

ちなみに今月は、自分へのクリスマスプレゼントということで、たくさん本を購入するつもりです。

すでに図書館で一度借りて読んだ本や、以前所有していたけれど理由あって処分してしまった本の再購入など、悩みに悩んだ本ばかりが本棚に並びそうです。