Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

アメリカ人による持たない暮らしの本

こちらの本も、男性によって書かれたシンプルライフの本。

f:id:gruenehexe:20180316205716j:plain

これまで読んできた本との違いは、アメリカ人男性によって書かれた本だということ。

アメリカ人によって書かれたシンプルライフの本を読むのは初めてかも!と最初思ったのですが、『フランス人は10着しか服を持たない』は、アメリカ人によって書かれた本でした。

どこの国でもフランス人にあこがれる人は多いんですね。

ドイツの本屋さんでも、フランス流の暮らしの本、目立つところに並んでました。

 

この本、読んでいる途中で気づきました。

これ、英語版を、英語の勉強もかねて読むべきだった!

カバーの感じもペーパーバックみたいなんです。

アメリカ人男性目線の持たない生活というのも、新鮮で面白かったです。

普段、アメリカものには触れないので。

 

でも、アメリカ人によって書かれた本を、英語学習の一環として考えなかったことに対する残念な思いのほうが大きいです。

『フランス人は10着しか服を持たない』のほうはおそらく、随所にフランス語表現を入れていたかもしれないので(読んだのはずいぶん前なので覚えてない)、こちらのほうが英語で読むなら読みやすそうな気がします。

気になる分野の本を原書で読む、というのは外国語学習者としては常に考えておくべきですね。