Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

『君たちはどう生きるか』

やっぱり、長年読み継がれてきた名作は違いますね。

f:id:gruenehexe:20180325094322j:plain

昨日のブログで書いた、『羊と鋼の森』を読んだ1週間後に出会ってしまった名作とはこの本のことです。

出会ったのはもっと前ですし、私の手元にやってきたのは2ヶ月も前のことです。

でも、まぁまぁ分厚くて、字も小さくて、これは読み始める前に最後まで読むための体力作りが必要かもしれない、と思っていたのでした。

そんなわけで、1ヶ月半かけて読書のための体力作り(ただたくさん本を読むだけ)をして、高知への旅のお供にしました。

 

時間をかけて体力作りをしたことと、本自体がとても面白かったため、途中で挫折することなんて全くなく、最後まで一気に読むことができました。

これは、多くの人にお勧めしたい1冊ですね。

残念なことに、読書離れが叫ばれる中、この字の小さくてある程度の長さのある本を読み切るのはなかなか骨の折れることかもしれません。

あぁだから、漫画版ができたのでしょうか。

でも、この字の小ささとともに、味わってほしいなぁ、と今でこそ言えますが、10代の私だったら挫折しただろうなぁ(汗)

 

ところでこの本を知ったきっかけは、本屋さんにたくさん並んだところを見たからでも、話題になっていたからでもなく、大好きな梨木香歩さんの作品から。

 

ストーリーは全然違いますけど、着想を得た『君たちはどう生きるか』を読んだ今だからこそ、なるほど、と思うところもあって面白いです。