Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

房総半島鉄道の旅 いすみ鉄道

昨日は日帰りで房総半島を鉄道で巡ってきました。

ずっと千葉県で暮らしていますが、千葉はこれといったものがないと思ってきました。

でも、今回旅してみて、千葉だって魅力的な県だ!と気づくことができました。

たくさんの観光客の皆さん、ありがとうございます。

私は千葉県出身であることを誇りと思うことにします(笑)

 

そんな今回の旅ですが、まずJRで大原駅へ向かい、そこからいすみ鉄道上総中野駅へ、上総中野駅からは小湊鉄道五井駅を目指し、途中で観光もするというものでした。

 

いすみ鉄道といえば、ムーミン列車です。

f:id:gruenehexe:20180401090313j:plain

出発駅の大原駅にはこんな看板も。

早く駅に着いたと思ったのに、人であふれていました。

今の季節、ムーミン列車だけでなく、列車と菜の花と桜のコラボレーションが素晴らしいんです。

かつては廃線の危機のあったといういすみ鉄道ですが、そこからこんなに人であふれる鉄道にまで回復するなんて、すごすぎます。

とにかく人人人で、ギリギリに到着していたらきっと乗れなかったと思います。

おそるべし週末桜シーズンの都会から日帰りで行ける観光地です。

 

いすみ鉄道のよいところは、写真スポットなどを車窓さんが紹介してくれて、そこを通過するときスピードを緩めてくれるところです。

f:id:gruenehexe:20180401091000j:plain

でも、カメラ技術が追い付かない結果、こんな写真なんですけどね(汗)

f:id:gruenehexe:20180401091223j:plain

外から見てもかわいい電車。

電車の中もすごい人ですが、外で撮影している人の数もすごかったです。

平日だったらもっとゆったり観光できるのかもしれませんね。

 

今回あまりにも人が多すぎて写真に収めることはできませんでしたが、沿線にはムーミンのキャラクターが飾られた池や、ムーミンショップのある駅なんてのもあります。

もちろんフィンランドの雰囲気とは違いますが、ムーミンファンなら絶対行っておくべきスポットです。