Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

房総半島鉄道の旅 養老渓谷

小湊鉄道沿線で立ち寄ったのは、養老渓谷駅。
こちらも子どもの頃に車で来た記憶があります。
とはいえ、実際に行ってみたら、同じく南房総の観光地である鋸山と記憶が混ざったいたことが判明しました(汗)

養老渓谷にはいくつかのハイキングコースがあって、私たちは養老渓谷からバスで粟又の滝を目指すことにしました。

バスの頻度は多くありません。

でもおそらく電車の時間に合わせて走っているので、電車の旅で来ている私たちのような人たちには便利でした。

 

粟又の滝バス停で下車して、道を下っていきます。

すると、まず見えてきたのがこちらの滝。

f:id:gruenehexe:20180401101400j:plain

と思ったら、滝があんまり入っていない写真ですね(汗)

滝付近では水遊びをする子どもたちが多数いたため、そこを外して写真に収めたらこんな感じになってしまいました(汗)

この日は天気も良かったので、水遊びするには気持ちの良い日でした。

私もサンダルで来ていたら、水遊びをしたかったです。

 

もう少し歩いたら、もっとちゃんと写真に収めることができた滝もありました。

f:id:gruenehexe:20180401101636j:plain

雨が降ったらあまりおすすめできない遊歩道ですが、この日のように天気の良い日には気持ちのよい場所でした。

これからの季節は涼みに、その後秋になれば紅葉を楽しめます。

小湊鉄道を利用する際に、ぜひ立ち寄ってみたらいかがでしょうか。

 

 

今回の日帰り旅、多くても記事2つでまとまるかな、と思ったのですが、まさかの4つになってしまいました。

それだけ我が県千葉県は魅力的だったんですね(笑)

今回の旅を機に、もちろん全都道府県も目指していきますが、自分が暮らす県の魅力も知っていきたいなぁと思うようになりました。

東京ディズニーランドとか、東京ドイツ村とか、東京に頼ってばかりじゃダメですね(笑)

あ、でもドイツ好きとしては一応東京ドイツ村にも行ってみたいなぁとは思っています(笑)