Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

巡り巡って出会った本

先月は2冊新たに本を購入しました。

そのうち1冊は、あと1週間待つことができれば買わなかったのに、とすでに後悔しています。

1週間遅くなったら、安く出ている中古本を誰かに買われてしまうかもしれない、と不安になって買ってしまったんです。

 

本当に手元に置いておきたいなら、中古じゃなくて新品を定価で買えるくらい本購入用貯金が貯まるまで待てるはずです。

別に希少本というわけではないのだから。

安物買いの銭失い、というやつですね。

今月こそは慎重に!

安物買いの銭失い+優柔不断。

買い物はとことん苦手です。

 

と、前置きが長くなりましたが。

きちんと手順を踏んで(=図書館で借りて中身を確認)、これは手元に置いておきたい、季節が変わってもこの本を手にしている私の具体的な状況も浮かぶ、となったのがこちらです。

f:id:gruenehexe:20180408170048j:plain

こちらは図書館で借りた時のもの。

貸し出しの延長もし、今だけじゃなく季節が変わっても読みたい、と思い、本購入用貯金でギリギリ買えそうだったので注文しました。

 

Amazonさんのレビュー数は少なく、有名な本ではないかもしれません。

でも、ある程度ボリュームがあって、日本の四季を大切にしたこの本は、今のところアズマカナコさんの本の隣に並べておきたいくらいお気に入りの1冊です。

大きさの関係で、実際に隣にあるのはドイツで買った雑誌なんですけどね(笑)