Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

『秘密の花園』

ガーデニングを始めて(最近書いてないですけど、続いてます)、読書の趣味と合わせて気になった本といったら、まずはこれでした。

f:id:gruenehexe:20180510220726j:plain

秘密の花園』はたくさんの方が訳されていますけど、表紙の絵が気に入ったこちらを読んでみることにしました。

Amazonレビューによると、訳の評価はあんまりよくなかったのですが、私は本は結構見た目から入っていくので(笑)

訳の良し悪しを判断できるほど国語力があるわけでもないですし。

とはいえ、読む前にすでにそのイメージができてしまっていたため、なんとなく、この言い方はなんだか違和感があるな、なんて思ってしまいました。

とはいえ、ディコンはすてきですねー

庶民代表としては、お嬢様とお坊ちゃんよりはディコンたち一家のほうが身近に感じられます(笑)

英語でも読みたい!と読む前は思っていたのですが、実際に読んでみたらたヨークシャー訛りがたくさん出てきて、こんなに訛りだらけの英語は無理だと思いました(汗)

イギリスは児童文学の宝庫なので、のんびりと挑戦してみたい本を探そうと思います。

 

あと、梨木香歩さんが、秘密の花園の解説本?を書かれているので、それも今度読んでみたいです。