Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

『今こそ読みたい児童文学100』

f:id:gruenehexe:20180814172928j:plain

子どもの本の世界で有名な方はたくさんいますが(物語を作り出す方だけでなく)、この方もそんな一人です。

名前だけは知っていたのですが、おそらくこの方が書かれた本を読むのは今回が初めてです。

他にも気になる子どもの本・自分文学の有名人がいらっしゃる中で、この本をドイツに持って行こうと決めたのは(結局日本で読んでますが)、文庫本だったからです(汗)

他にも以前読んだことがあってこの方のおすすめをもっと知りたい、という方の本もあったのですが、文庫本でちょうど良いものがなかったため、以前から興味はあったこの方の本にしてみたのでした。

 

読んだことのある本もあれば、うーんこれは確かにそう簡単に手に取ろうとはしないかなぁなんて本まで、いろいろ紹介されていました。

ぜひ読んでみたいという本も何冊かあったので、今度図書館で探してみようと思います。

プロフィールによると、大学では英文学を専攻された方のようなので、紹介されていたのはヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアなどの本だけでした。

この方が日本の作家さんの本を紹介してくださるなら、どの本を紹介してくださるんだろう?というのが気になるところです。