Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

『嘆きの美女』

f:id:gruenehexe:20180908214016j:plain

児童文学を読みたい欲求がかなり強かったため、児童文学以外を借りることにためらいがあったのですが、柚木麻子さんの本は読みやすいということが分かっていたため、今回はこの1冊だけ借りてみました。

最初もう1冊手に持っていたのですが、今回はとりあえずこれだけ。

 

児童文学が続いた後に読むのはなんだか変な感じでしたが、読み始めるともう夢中になってしまい、一気に読んでしまいました。

私は読まないのですが、アラサーシングルの働く女性が主人公の漫画が好きな人は楽しめる作家さんなのではないかと思います。

私もアラサーシングルの働く女性なんですけど、根本的なところが違う気がして、都会で暮らす女性たちはこんな感じなんだなぁと、蚊帳の外から見てます(笑)

 

この本、以前森三中の黒沢さんが主人公役でドラマ化したんですね。

ぜひ見て見たかったです。

と、思ってドラマ化されたときの写真を見てみたら、うーん、なんだかホステスさんっぽく見える…

フードコーディネーターになるはずなんですけど、ドラマでは違ったのかな?

ドラマのあらすじを見てもよく分からなかった…

 

柚木さんの本は、今後も図書館で気軽に借りてみようかと思います。