Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

オーストリア航空

だいぶ時間が経ってしまったので、書きやすい話から書きます。

なので、帰りの飛行機の話から。

行きはスイスインターナショナルエアラインズでしたが、帰りはオーストリア航空を利用しました。

同じくスターアライアンスのメンバーなので、マイルが貯まります。

 

えー、ドイツにもいろんな空港がありますが、ベルリンで主に国際便が発着するテーゲル空港は、東西が分裂していた時代の思い出を残しておきたいのか、とにかく古くて狭いです。

とてもヨーロッパの経済大国の首都にある空港には思えません。

新しい空港ができる、と言われ続けて十数年の空港です(汗)

 

そんなベルリンからウィーンに到着すると、そこにはとても広々としてきれいな空港が待っていました。

庶民代表の私には、神々しくて落ち着きませんでした(汗)

ドイツとオーストリア、同じユーロを使っていますが、同じものでもオーストリアのほうが高いです。

でも、現金が残っている場合、同じユーロ圏だと買い物もしやすいですね。

 

f:id:gruenehexe:20181006175134j:plain

そして、日本へ行く飛行機ですが。

狭いです。

あと、行きの飛行機より日本人が多い気がしました。

機内食はこんな感じです。

f:id:gruenehexe:20181006174850j:plain

f:id:gruenehexe:20181006174919j:plain

三角のお皿に入っているのが、オーストリア航空の特徴ですね。

たしか、遠い記憶をたどると、スイスインターナショナルエアラインズよりおいしかったと感じたような気がします。

1週間ドイツで過ごした後だと、食べ物に対するこだわりがなくなったのもあるかもしれませんが(笑)

機体も、スイスインターナショナルエアラインズより新しかったです。

 

狭いのと、ウィーンの空港がまぶしすぎる(笑)ことを除けば、マイルも貯まるし、悪くない選択かなぁとは思います。

とはいえ、大好きなフィンランドに立ち寄れ、飛行時間も短いフィンエアーや、ドイツに直行する(ベルリンには直行しないけど)全日空やルフトハンザも利用してみたいです。