Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

世界遺産の街・Quedlinburg

今回のベルリン滞在中、1泊2日の小旅行に行きました。

1日目が、Quedlinburgという、日本では有名ではない街です。

Quedlinburgと書いて、クヴェードリンブルクと読むそうです。

ドイツ語はほぼローマ字読みと聞いていたのに、期待を裏切る難しい名前ですね(笑)

 

この街に行くにあたり、ベルリンから電車を一度乗り換えて3時間半で到着するはずだったのですが、乗り換えた電車の中で、実はQuedlinburg行きの電車が運休中であることが判明。

途中駅から代替バスが出ていたので、それに乗り換えて行くこととなりました。

これ、ドイツ人の友人と一緒だったからなんとかなりましたが、1人だったら絶対たどり着かなかっただろうなぁ…

一応世界遺産の街なので、もう少しきちっとしておいてほしいなぁ。

 

そんなこんなでどうにかたどり着いたQuedlinburgの街ですが、かわいい街でした。

f:id:gruenehexe:20181014134621j:plain

f:id:gruenehexe:20181014134703j:plain

f:id:gruenehexe:20181014134758j:plain

どこもかしこも、こういうかわいい木組みの建物だらけです。

ちょっと私の写真技術が残念なので、インスタグラムとかで写真を探すのをおすすめします(汗)

私も、インスタグラムでこの街の写真を見て、ぜひ行ってみたいと思ったので。

 

ドイツのかわいい街というと、南ドイツばかり紹介されがちですが、この街はぜひもっとたくさんの日本の方に知ってほしい街です。

ドイツは経済大国ではありますが、もっと観光面にも力を入れればいいのになぁ、とドイツの街を旅していると心から感じます。

 

f:id:gruenehexe:20181014135233j:plain

そしてなぜかあった北欧雑貨のお店。

北欧好きとしては入らずにはいられませんでした(笑)