Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

『8つの和ハーブ物語』

 

あなたの日本がもっと素敵になる。8つの和ハーブ物語〜忘れられた日本の宝物〜

あなたの日本がもっと素敵になる。8つの和ハーブ物語〜忘れられた日本の宝物〜

  • 作者: 平川美鶴、石上七鞘,総合監修・古谷暢基,一般社団法人和ハーブ協会,辻沙織
  • 出版社/メーカー: 産学社
  • 発売日: 2015/04/18
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

子どもの頃、魔女に憧れていました。

今も、本物の魔女にはなれなくても、魔女的暮らしには憧れます。

私のあこがれの魔女は、サリーちゃんやアッコちゃん(私が幼稚園に通っていた頃に2代目が放送されていました)のような魔法使いの女の子、というタイプではなく、あえていうなら『千と千尋の神隠し』の銭婆のような、『魔女の宅急便』のコキリさんのような魔女です。

あ、銭婆は、登場シーンこそ派手でしたが、おうちはとってもかわいらしくて、ああいう自給自足の感じられる魔女が私の理想です。

 

そんな私の中の魔女像をつきつめてみた結果、今からでも近づける方法というのがハーブに詳しくなることかな、と思いまして。

なので、時々ハーブに関する本を読んでいます。

ハーブではなくとも、食べられる野草の本とか。

ハーブというと、西洋のハーブの印象のほうが強いかもしれませんが、日本に長く根付いたハーブもたくさんあるようです。

近いうちに、ハーブに関する資格も取りたいなぁ。