Lernen Lesen Leben

学びと読書と暮らしの話

東京の本屋さんへ②

教文館ナルニア国の後は、こちらの本屋さんに行きました。

www.yaesu-book.co.jp

八重洲ブックセンターです。

東京駅周辺には何度も行ったことがありますが、いつも丸の内側だったので、まさかこんなところにこんなに大きな本屋さんがあるとは知りませんでした。

ただの友だちとの待ち合わせ場所だったのですが、友だちが1時間遅刻して来ることになり、ゆっくり本を見ることができました(笑)

 

1時間待った後には、1時間もゆっくり本を見ることができてよかった、と思ったのですが、最初に入った時は、どこから見たらいいのかわからない!と混乱気味でした。

とにかく大きな本屋さんです。

目的もなく入ってしまうと、困ります。

 

たしか、まずは語学学習本の並ぶ階に行きました。

英語学習の本は多すぎてどこから手を付けたらよいのかわからないので、ドイツ語学習の本のコーナーへ。

目立つように置かれていた本はすでに持っている本ばかりだったし、1時間もドイツ語学習本を立ち読みする気にもなれなかったので、別の階へ。

 

次に目を付けたのが、洋書。

ドイツ語の本も、結構そろってました。

ただ、気になる作家さんの本はあっても、ほしい本はなかったです。

結構高いので、あったとしても買わなかったと思いますが。

 

そして最後に旅行ガイドコーナーへ。

ここで、気になる本を3冊発見。

この3冊を立ち読みしていたら、時間になりました。

そのうちの1冊は、買おうかどうか悩んだのですが、結局買わず。

なかなか財布のひもが緩まない私だったのでした。

 

普段図書館をメインに使っている私ですが、図書館では出会えなかった本を手に取って見ることができるのは大きな本屋さんの魅力ですね。

これからも時々は大きな本屋さんに行きたいです。