Lernen Lesen Leben

2020年2月から、ドイツで暮らし始めました

読書記録

『宮廷神官物語』と東アジア好きだった頃

おはようございます。 今日紹介する本はこちらです。 宮廷神官物語 九 (角川文庫) 作者:榎田 ユウリ 発売日: 2019/12/24 メディア: 文庫 韓流ファンタジーという珍しいジャンルです。 このブログでは、「子どもの頃からずっとヨーロッパで暮らしてみたかった…

『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』

おはようございます。 今日紹介する本はこちらです。 その悩み、哲学者がすでに答えを出しています 作者:小林 昌平 発売日: 2018/04/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) なんか、Kindleで見た時と雰囲気が違う… Kindle Paperwhiteはカラーじゃないですから…

『コロボックルむかしむかし』

おはようございます。 今日紹介する本はこちらです。 コロボックル物語6 コロボックルむかしむかし (講談社文庫) 作者:佐藤 さとる,村上 勉 発売日: 2012/02/15 メディア: 文庫 コロボックルシリーズは、前回紹介した5冊目で一応完結し、この6巻目は短編集で…

ムーミンシリーズ

おはようございます。 今日紹介する本は、順番としては、Kindle unlimitedで読んだ本だったのですが、すでに内容を忘れてしまっていました… ただ、その中の、鳥飼玖美子先生の著書は、また今度時間ができた時にゆっくり読んで感想を書きたいです。 というわ…

『ふしぎな目をした男の子』『小さな国のつづきの話』

おはようございます。 今日は2冊まとめて紹介します。 コロボックル物語4 ふしぎな目をした男の子 (講談社文庫) 作者:佐藤 さとる,村上 勉 発売日: 2011/08/12 メディア: 文庫 コロボックル物語5 小さな国のつづきの話 (講談社文庫) 作者:佐藤 さとる,村上 …

『池上彰と考える、仏教って何ですか?』

おはようございます。 今日紹介する本はこちらです。 池上彰と考える、仏教って何ですか? 作者:池上彰 発売日: 2014/10/24 メディア: Kindle版 この本を読んだのは2ヶ月前ですが、昨日また別の池上さんの本を読み終えたばかりだったので、そちらを先に紹介…

『本はともだち』

おはようございます。 今日紹介する本はこちらです。 本は友だち 作者:池内 紀 発売日: 2015/01/10 メディア: 単行本 池内紀さんの名前は、去年の秋に京都の丸善で知りました。 たまたま池内さんの本がたくさん並べられていた、と思ったのですが、去年の夏の…

『星からおちた小さな人』

おはようございます。 今日紹介する本はこちらです。 新イラスト版 コロボックル物語3 星からおちた小さな人 (児童文学創作シリーズ) 作者:佐藤 さとる,村上 勉 発売日: 2015/11/19 メディア: 単行本 数日前に紹介したばかりの、コロボックルシリーズの続編…

『本が好き』

おはようございます。 今日から4月ですね。 早いような遅いような。とりあえずまだ寒い日の続くドイツからお送りします。 今日紹介する本はこちらです。 本が好き 作者:光雅, 安野 発売日: 2017/08/01 メディア: 単行本 こちらは図書館の棚で見つけて借りま…

『世界最高の子育てツールSMARTゴール』

おはようございます。 今日紹介する本はこちらです。 世界最高の子育てツール SMARTゴール――「全米最優秀女子高生」と母親が実践した目標達成の方法 作者:ボーク重子 発売日: 2018/06/08 メディア: Kindle版 今検索していて気付いたのですが、私、この本のタ…

『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』の感想再び

おはようございます。 今日紹介する本はこちらです。 1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 作者:デイヴィッド・S・キダー,ノア・D・オッペンハイム 発売日: 2018/04/27 メディア: Kindle版 この本、ここで紹介するのは2回目です。 gruenehex…

『豆つぶほどの小さな犬』

おはようございます。 今日紹介する本はこちらです。 新イラスト版 コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ (児童文学創作シリーズ) 作者:佐藤 さとる,村上 勉 発売日: 2015/10/28 メディア: 単行本 ついこの間『だれも知らない小さな国』を紹介したと思…

『Kindle新読書術』

おはようございます。 今日紹介する本はこちらです。 Kindle 新・読書術 すべての本好きに捧げる本 作者:武井一巳 発売日: 2013/01/24 メディア: Kindle版 Kindleを利用するようになって数ヶ月の時に、図書館の本棚で見つけた本です。 2013年発売の本なので…

『子どもの教育』

おはようございます。 今日紹介する本は、シュタイナー教育で有名なルドルフ・シュタイナーの本です。 子どもの教育 (シュタイナーコレクション) 作者:ルドルフ シュタイナー 発売日: 2003/06/01 メディア: 単行本 シュタイナーの本は、何年もずっと読んでみ…

『だれも知らない小さな国』の感想をもう一度

おはようございます。 今日紹介する本はこちら。 新イラスト版 コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (児童文学創作シリーズ) 作者:佐藤 さとる,村上 勉 発売日: 2015/10/28 メディア: 単行本 この本は、読み終えた後に一度感想を書いてます。 これです…

『なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?』

おはようございます。 今日紹介する本は、昨日書いた1月最初に読んだkindle unlimitedの本7冊のうちの1つです。 なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?(祥伝社新書) 作者:おおたとしまさ 発売日: 2017/02/02 メディア: 新書 私自身は、東大卒でもなければ、…

1月に読んだ本から振り返る

こんにちは。 今日はブログを書くのは勉強が終わってからにしました。 朝にも一度挑戦したのですが、思うところあって、途中でやめました。 もともと、ドイツに来たら、ドイツでの生活について記録することを楽しみにしていたんです。 でも、正直なところ、…

こんな時に読む『春になったら苺を摘みに』

おはようございます。 火曜日は全く外に出なかったのですが、昨日はちょっとだけ外に出ました。 よく晴れて、こんなことがなければお散歩日和な陽気でした。 我が家から見える木はそうでもないのですが、少し離れたところにある木は春らしくなっていました。…

2020年2月に読む『ムーミン谷の冬』

本を買ってドイツに持って行こうと思っていたのですが、その前にこちらの図書館で借りて読みました。 やっぱりこの本は、春はもうすぐそこ、という季節に読むのにちょうどいいです。 gruenehexe.hatenablog.com 2年前の記事では、来年もこの時期に読みます、…

『だれも知らない小さな国』

今日は久しぶりの?読書記録です。 新イラスト版 コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (児童文学創作シリーズ) 作者:佐藤 さとる,村上 勉 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/10/28 メディア: 単行本 佐藤さとるさんのコロボックルシリーズ、名前は…

初詣と『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』

1月ももう終わりに近いですが、やっと初詣に行ってきました。 今住んでいる街には寺社仏閣がたくさんありますが、今年は勉強に力を入れたい、ということで、北野天満宮に行ってきました。 www.kitanotenmangu.or.jp 北野天満宮には何度か行ったことがあった…

アメリカ児童文学

かなり長い間、アメリカの作家さんの本を避けていたのですが、去年は何冊か読みました。 まずはこちら。 あしながおじさん(新潮文庫) 作者:ジーン・ウェブスター 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/11/24 メディア: Kindle版 今回読んだのは、この新潮…

『置かれた場所で咲きなさい』

置かれた場所で咲きなさい 作者:渡辺 和子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2012/04/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) 久しぶりに読んでみました。 渡辺和子さんの本は、いくつか読みましたが、初めて読んだのはこの本でした。 その時自分がいくつだっ…

『十二国記』最新刊の後半2冊

再び週末がやってきました。 先週は引きこもってずっと本を読んで過ごしていたので、今週はもっとアクティブに過ごすつもりです。 gruenehexe.hatenablog.com 先週、ブログ記事を書いてからさらに3時間半待ってやっと届きました。 今後、10年以上新刊を待ち…

『図書館の主』

本日『十二国記』最新刊後半2冊の発売日です。 前半2冊を読み終えた2日前から、かなり楽しみにしていて、今日も朝から気合いを入れて待っていたのですが、ネットで注文した本は、未だに届きません。 前半2冊は、台風の日だったにもかかわらず朝早くに届いた…

『夜明けの図書館』

おそらくインスタでおすすめされて出会った漫画。 夜明けの図書館 (ジュールコミックス) 作者: 埜納タオ 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2011/10/17 メディア: コミック 購入: 28人 クリック: 385回 この商品を含むブログ (27件) を見る 今のところ、6巻ま…

11月になりました

気がついたらもう11月ですね。 ハロウィンの次の日は11月、と分かってはいるのだけど、なんだか突然寂しい季節が来てしまったような気がします。 2019年も残り2ヶ月。 結婚し、引っ越しし、そして来年にはまた引っ越しします。 その準備のために、残り2ヶ月…

『まなの本棚』

まなの本棚 作者: 芦田愛菜 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2019/07/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 発売前から気になっていたこの本、ようやく読みました。 気になっていたならとっとと買えばよかったのに、他にも買いたい本がたくさん…

ここ最近のこといろいろ

再び週末がやってきました。 近頃はブログに書きたいことがいっぱいあるのに、時間がなくてなかなかこちらに手が伸びません。 今月のドイツ語学習進捗状況については明日書くとして、それ以外のことを一気に書いていこうと思います。 *今月からEテレで始ま…

今年出版された梨木香歩さんのエッセイ

台風、かなりの爪痕を残して去っていきましたね。 あんな光景、8年前の震災以来見ていません。 自然災害、本当に恐ろしいですね。 私はたまたま自然災害の被害が少ない地域に住んでいますが、それはたまたま運がよかっただけ。 一日も早く、元の町が戻るよう…