Lernen Lesen Leben

2020年2月から、ドイツで暮らし始めました

退職とドイツに持って行く本新たに購入

今週で、約1年間勤務した会社を辞めました。

私の関西暮らしの中心は、仕事でした。

引っ越すと決めた時は、引っ越し前とは違う仕事をしたいと思っていたのですが、結局は引っ越し前と同じ仕事で過ごした1年間。

いろいろあったけれど、この仕事、嫌いじゃないな、と思いました。

素直に好き、と言わないのが私らしい(笑)

ドイツでも続けるための方法はあるようですが、そのためにはもっと実力をつけなければいけません。

ドイツでは他に興味があることもあるし、今後長くドイツで暮らすためには、もっとドイツ生活に根ざした資格を取ったほうがいいかな、と思ったり。

まずは、ドイツ語!

と、決意を新たにしたのでした。

 

というわけで、ドイツに持って行く本をもう1冊買いました。

 

日本人が知りたいドイツ人の当たり前 ドイツ語リーディング

日本人が知りたいドイツ人の当たり前 ドイツ語リーディング

 

同じような本、何冊か持ってますが、いいのです。

ドイツのことを学べて、日本語での読書も楽しめる1冊ということで。

この本、kindleにもあったので、どちらにしようか悩んだのですが、結局紙の本にしました。

最近kindleと紙の本の読み比べで感じていることも、そのうち記事にしたいと思います。