Lernen Lesen Leben

2020年2月から、ドイツで暮らし始めました

『宮廷神官物語』と東アジア好きだった頃

おはようございます。

今日紹介する本はこちらです。

 

宮廷神官物語 九 (角川文庫)

宮廷神官物語 九 (角川文庫)

 

韓流ファンタジーという珍しいジャンルです。

このブログでは、「子どもの頃からずっとヨーロッパで暮らしてみたかった」の体でいますが、実際には10代後半から20代にかけては東アジアのほうに目が向いていました。

東アジア、として私が分類しているのは、今回出した韓国だけでなく、中国、台湾にハマった時期もあったからです。そちらに関してはまたそちら方面の本について紹介する時に書くとして。

具体的には、

2002年、ヨン様ブームを前に、『冬のソナタ』のうわさを聞き、我が家で流行らせる。

→世の中にブームが来たときにはすでに飽きてました。

2005年、中国に短期留学した時、東方神起に出会う。

→韓国語のクラスを取ったり、東方神起の初期の頃のCDを買ったりしたけど、世の中に東方神起の存在が知られるよりも前に飽きてました。

その後、母が『チャングムの誓い』にハマり、それを横目で見ている時に出会ったのが、この『宮廷神官物語』でした。

当時読んでいたときは、表紙はこんな感じでした。

 

今発売されている本のほうが、しっとりと大人っぽい雰囲気の絵になってます。

私、当時全巻読み終えたと思ったのですが、移住を目前にして新バージョンの短編集が発売されることが分かり、慌てて地元の図書館で借りて読んだのですが、Kindle版もあったんですね。

そして、読みながらだんだん、果たして私は全巻読んだのかわからなくなってきました。

そして、気になり出すと止まらない。

そして今、時間はたっぷりある…

今、別のライトノベルのアジアンファンタジーを読んでいるので、そちらが終わったら考えます。